画像とテキストモジュールでクーポンを作成

◼︎無料の画像とテキストモジュールでクーポンを作成する

  1. 「click to set up module」をクリックする
  2. 追加可能なモジュール一覧が表示されるので、「add image」をクリックする
  3. 「add image」画面が表示されるので、画面い従って設定する
  4. 設定が終わったら「add image」ボタンをクリックする
  5. 同様に手順おほかの「click to set up module」をクリックして、「add text」を選択すると、テキストを入力できる。
  6. 「add」ボタンをクリックする

◼︎プレビューを確認する

  1. モジュールを全部追加できたら、「next step>」ボタンをクリックする
  2. プレビューが表示されるので、内容を確認する
  3. 「publish page>」ボタンをクリックする

◼︎アカウントを登録する

  1. パッケージ選択画面が表示されるので、利用するパッケージを選択する
  2. 「proceed to next step>>」ボタンをクリックする
  3. 保存に成功した旨が表示される。有料パッケージを選択した場合は、クレジットカードまたはPayPalの設定画面に進むので、画面に従って必要事項を登録する

◼︎アプリをインストールしてfacebookページに追加する

  1. 「click to install on facebook」ボタンをクリックする
  2. 「choose atab name and icon」画面が表示されるので、任意のタブ名とアイコンを選択する
  3. 「continue」ボタンをクリックする
  4. アプリの確認画面が表示されるので、内容や公開範囲を確認する
  5. アプリへ移動ボタンをクリックする→タブ名とアイコンは後でも変更可能 ここで選択したタブ名とアイコンはアプリをページについかした後、任意のタブ名とアイコンに変更することができます。アプリのメニューの名前と画像の変更についてはまたほかで説明しますので、そちらを参考にしてください。
  6. さらにアプリの許可画面が表示されるので内容を買う人する
  7. 問題なければ許可するボタンをクリックする
  8. インストール画面が表示されるので、「click here to instal 」ボタンをクリックする
  9. 次の画面で「click here to choose your facebook page」をクリックする
  10. アプリ追加の画面が表示されるので、追加するfacebookページを選ぶ
  11. 「coupon timeline tab 」を追加するボタンをクリックする
  12. facebookページが表示されfaceitpagesで選択した「coupon」が追加される
  13.  アプリメニューから「coupon」をクリックして表示を確認する

◼︎コラム「ゲーミフィケーションとは」

●ゲーミフィケーションについて

2012年に入ってから注目されている考え方の一つが「ゲーミフィケーション」です。ゲーミフィケーションは次のように定義されます。

参加を促すためにゲームの力をサイト、サービス、コミュニティ、コンテンツ、キャンペーンに統合すること。

つまり、ゲーミフィケーションはwebサイトやサービスなどにゲーム的な要素を加えることで、そのサイトへのアクセスやサービスの利用をより魅力的にし、利用者がもっと使いたくなるようなものにすることです。

●ゲーミフィケーションはすでにおなじみ

実はゲーミフィケーションの考え方は特別に新しいものではありません、これまでも色々な場面で利用されて、人々のモチベーションを向上させています。例えば、店舗などで発行されているスタンプカードです。1000円購入するたびに1つスタンプを押して、カードが全部埋まったら特別な景品や割引サービスを提供するというものです。実際に提供しているよ、地雨お店の方も多いでしょう。

カードに押されるスタンプは達成度の可視化であり、「達成すれば報酬が得られる」という保証によって、顧客は動機付けの一つになってお店に来店してくれます。その他、商店街のくじ引きや、車内のコンペなど、あらゆる場面でゲーミフィケーションの要素を取り入れた事例を見つけることができます。

●ソーシャルメディアと親和性の高いゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションが注目されている背景にはソーシャルメディアと非常に相性が良いことが挙げられます。

例えば、位置情報サービスの「foursquare」や「gowalla」といったサービスでは、モバイル端末を使って特定の場所にチェックインするたびにポイントがたまり、仮想アイテムが手に入るようになっています。

ユーザーはゲーム的な楽しさを見出し、熱心にチェックインするようになっています。facebookもちろんのんチェックインクーポンもチェックインすることによって特別な割引が得られるので、ゲームお要素があるといえます。

その他にも、webサービスなどでアカウントの登録時のステップの進捗度をバーに表示しているものがあります、。実際にlinkedinでもこの仕組みが適用されていますが、進捗バーの表示により、進捗が100%にならないまま中断したユーザーも後日登録作業を継続するようにあんるという傾向が見られ、ユーザー情報を最後まで登録するユーザーの割合が大幅に向上しました。

●なぜゲーミフィケーションが有効

なぜゲーミフィケーションにすることがサイトやサービスを魅力的にし、ユーザーを一つけるのでしょうか、次の3つのポイントにヒントがあります。

・ユーザー間の競争

ユーザー同士で達成度やステータス、レベル、勝敗などを競争させることでユーザーの闘争心に火をつけることができる。達成感や勝利による報酬などが継続利用の動機となる

・ユーザー間の協力

競争の側面よりも、ユーザー同士で助け合う、グループを作ることを楽しむユーザーに有効である。

・個人の楽しみ、逃避、一人でプレイすることによる個人的な達成感、逃避によるリラックスう効果などを求めるユーザーに有効である。

●ゲーミフィケーションとfacebookページを組み合わせられる

ゲーミフィケーションをfacebookページと組み合わせっられることはできるでしょうか。

抽選やコンテストなどはゲーミフィケーションの一つですが、継続的にアクセスしたり、コメントしたりするのが可視化され、競えるような仕組みは現在のfacebookペp時では難しいのが現状です。しかし、卯風次第ではうまうとり入れることができます。

例えば、あるキャンペーンでは、facebookページの「いいね!」が増えるほど、景品が豪華になるプレゼントキャンペーンを開催していました。自分の関与や友達への紹介によって、報酬が豪華になるというのは、ゲーミフィケーションの考え方を取り入れています。

実際に店舗があるのであれば、自分のfacebookにお店の写真をアップロードする、またはチェックインしてくれたら現実のスタンプカードにスタンプを押す、あるいはfacebookページだけでなく、Twitterアカウントやmixiページなど、全てのソーシャルメディアアカウントをフォローしてくれたユーザーは写真を店内に春、などといったアイデアもあります。ぜひ面白い企画を考えてみてください。