SEOとHTML

長いHTMLファイルはSEOで不利といわれています。
サイトを作り慣れてくると、 トップページに現在時刻を表示させたり、マウスポインタを合わせる と画像が切り替わる「ロールオ ーバーイメ ー ジ」を設けたりといった、 JavaScriptを駆使した仕掛けを使ってみたくなるものです。しかし、これらのJavaScript は検索エンジンのロボットとは相性がよくありません。ロボ ットはHTML が長々と記述されたページの巡回を避ける傾向があります。さらにJavaScript を盛り込むほどHTMLファイ ルの容量は増えるので、 SEO の効果はどんどん下がります。よって、 JavaScript はどうしても必要でないかぎり、使わないのが賢明です。
JavaScriptを別のファイルにする JavaScript をどうしても使わなければならない場合は、少しハ一ドル は高いですが、抜け道があります。JavaScriptの内容をHTMLファイ ル内に記述しないで、別のファイルにしてしまうのです。画像ファイル がHTMLファイルとは別に存在するように、 JavaScript をHTMLファイルとは別に用意して、そのファイルを呼び出すタグだけをHTMLファイルに記述するのです。こうすれば10 行以上にもなっていたJavaScriptも1行だけに なります。 この作業は、 自分でHTMLファイルを記述できるレベル の人であれば、それほど難しくないでしょう 。ただ、ホームページ作成 ソフ トを使っている人にと っては少々難しい作業です。

SEO対策の相談は俺のSEO.comがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です